水産養殖

水中ドローンは、フロッグマンの代わりに水中タスクを実行できるため、コストが削減され、効率が向上し、操作の安全性が確保されます。

水中ドローンは養殖業者にどのように力を与えることができますか?

  • 低価格

    単価が低く、操作が簡単で、1 人での操作が可能です。

  • 高効率

    いつでもどこでも水質をチェックして監視します。 ROVはディスタンスロックソナーを搭載し、自動パトロールを行い効率的な運用が可能です。

  • 一日中働く

    予備のバッテリー パックを装備するか、AC 電源を使用することで、水中ドローンは長時間連続して動作することができます。

アプリケーション シナリオ

  • 機器・設備の安全状態の確認

    ケージ、パイプライン、フェンス、その他の装置や設備の生物付着や破損をチェックするのに役立ちます。

  • 水産物の成長観察

    いつでもどこでも水産物の繁殖状況(魚の状態や給餌状況など)を観察し、問題をタイムリーに発見します。

  • 水中タスクの実行

    水中サルベージ、サンプリング、アタッチメント除去などの水中作業を行います。

関連製品

最新のアップデート

  • CHASING M2 PRO assists in the cultivation of blue mussels in a Norwegian fishery

    2021-10-28 00:00 CHASING
  • Fish farming - salvaging dead fish in Japan

    2021-08-29 00:00 CHASING